家族全員で備える地震対策

>

地震発生前から発生後をイメージ!家族で行える地震対策

家族の状況にあった備蓄品選びと工夫

備蓄品は、地震発生後、最低3日間生活できる分を備えておくことが必要だとされています。備蓄品のリストは多く紹介されていますが、家族構成に合わせた備蓄品対策が重要です。
飲料水においては、1人あたり1日約3リットルの水が必要とされていますが、年齢や体重、食生活などによっても大きく変わってきます。また2リットルのペットボトルは大容量で安心かと思いますが、特にお子様や高齢者などは一人で持ち運びができなかったり、衛生面で問題が生じる場合もあります。そのため500ミリリットルなど少量のものを多く備えておいた方がよいでしょう。
食料は、缶詰やレトルト食品などといった常温で保存ができるものを用意しましょう。その際には簡単に開封できるもの、調理方法のチェックなども忘れずに!発熱剤で温めることのできるレトルト食品もオススメです。

定期的な備蓄品のストック確認

ストック場所に関しては、複数の箇所に備蓄しておくことがポイントです。万一どこかの扉が塞がれてしまった場合でも、いずれかの場所から取り出すことができるため安心です。
備えあれば憂いなしとはいえ、物がありすぎてもいざという時に重すぎて持ち出せなかったり、何があるかを把握しきれずに消費期限が過ぎていた…といったことにもなりかねません。
家族全員が、何がどこにあるかを把握して必要なものを確保できるよう、定期的な確認を行うことが大切です。物資によって担当者を決めておくなど、ちょっとした工夫で全員が備蓄品を活用できるのではないでしょうか。
その他、普段の生活の中にも備蓄品を取り入れ、少なくなったら補充をするといった方法で常に新鮮な状態でストックしておくことも可能です。このように日常的に備蓄品を活用することは、災害時にいつもと異なった食事を摂ることによる家族のストレス軽減にも繋がります。


TOPへ戻る