家族全員で備える地震対策

>

家具の倒壊による被害から身を守る!配置と固定のポイント

家具の配置、固定のコツ

家具の転倒や落下による被害を防ぐためには、まずはご自宅にある家具が災害時にはどのような状況になり得るかを想定してみることがポイントです。人が下敷きになったり、出入り口が塞がれる可能性がある場合には、家具の位置や向きを変えたり、背の低いものに変更しておきましょう。

転倒を未然に防ぐために、家具をあらかじめ固定しておくことも大切です。家具を固定するためのL字フックやチェーン、突っ張り棒など様々な道具が販売されていますが、ご家庭の壁や天井は穴を開けて良いものか、固定に耐えられるものかなどを考慮し、適切な方法を考えましょう。

また、家具だけでなく、窓ガラスが割れて破片が飛び散る場合もあります。強化ガラスに取り替えたえり、ガラスにフィルムを貼ることで割れにくくする対策方法もあります。窓の近くにベッドを置かないなど、家具の配置の検討も重要だと言えるでしょう。

家の中における避難経路の確保

普段住み慣れている家であっても、災害時にはいつものように外に出ることも困難になる場合があります。

玄関が障害物によって塞がれていたり、階段・エレベーターが火災や停電によって使用できないことも考えられるため、事前にいくつかの経路を確認しておきましょう。
高層階のマンションなどにはあらかじめ非常階段やはしごなど、複数の避難経路が用意されている場合がほとんどですが、一戸建ての住居やアパートの低層階などでは経路が限定される場合があります。その場合は家庭用の避難はしごを準備しておくとよいでしょう。

また、夜中に地震が発生した場合、真っ暗で周りの状況も確認することができなくなるため非常に危険です。ベッドの側に懐中電灯を置いたり、スリッパなどを準備しておくことで、暗闇の中でも避難することができます。停電を感知して作動する非常灯も売られていますので、ご家庭の状況によって適した方法を検討しましょう。


TOPへ戻る